スマホ 通話しない 格安SIM

通話しないスマホユーザにオススメの格安simはコチラ!

格安SIMの使用料がキャリアを使用する場合と比べて安いことはご存じでしょう。しかし格安SIMの中でも、業者やプランによって価格に差があることを知らない人は意外と多いです。格安simの料金は業者によって異なりますが、料金を左右するいくつかの要因があります。
たとえば、ひと月にスマホで行えるデータ通信の許容量などもその要因の1つです。その他にもいくつかの要因があるのですが、特に料金に影響するのは通話の有無です。つまり、データ通信専用のプランは通話できるプランと比べて非常に安く使用料が設定されているのです。
もし現在使っているスマホでほとんど通話しないのであれば、通話なしの格安SIMを選んでみてはいかがでしょうか。スマホはデータ通信専用の格安SIMにしておいて、音声通話はキャリアの安いガラケーを使用するのも1つの手段といえます。また電話の通話機能を使わなくても、通話が可能になるアプリも存在するのでそれらを使用することを考えても良いでしょう。データ通信専用の格安SIMのプランには多くの種類がありますそこで今回は特にオススメのものをいくつか紹介します。
代表的なプランとしては楽天モバイルがあります。例えばデータSIMの3.1GBのプランであれば、毎月1000円未満の料金で使用することが可能です。5GBのプランでも1500円未満の料金で使用できます。
マイネオにもデータ通信専用のものがあります。こちらも3GBのプランであれば1000円未満の料金で使用可能です。5GBのプランでも1500円程度で使えるので、ほぼ楽天モバイルと同等の価格設定と言えるでしょう。
その他にもOCNやDMMのモバイルサービスでもデータ通信専用のSIMが用意されています。どちらも楽天モバイルとほぼ同様の価格設定で利用できます。
このようにあまり価格面では差がないのが実情なのです。そこで重要になるのが、どのようなサービスを提供しているのかということです。たとえばDMMであれば、使用しなかったデータ通信量を翌月に繰り越せます。その他にも低速通信時でも、Webページにアクセスしてから一定時間だけ通信速度を上げる機能なども備えています。楽天モバイルであれば使用することで貯まるポイントを楽天市場での買い物に利用できます。このように、どうのような付加価値があるのかを知って、自分にとって最も恩恵があるところを選択するのが賢いといえるのではないでしょうか。